都城中央ロータリークラブ

TEL::0986-21-5555事務局:受付時間 月曜~金曜 10:00〜15:00 定休日:土日祝

ロータリーについて・・・ロータリー財団

    ロータリー財団は、国際ロータリーの6人目の会長アーチ・クランフ氏の提唱で1917年に基金として発足し、1928年国際大会で「ロータリー財団」と名付けられました。 ロータリー財団は「非営利財団法人」で、博愛、慈善、人道的かつ教育的目的をもつ効果的なプロジェクトに補助金を支給しています。 ロータリー財団の正式名称は、「国際ロータリーのロータリー財団」です。 ロータリー財団の構成員は「国際ロータリー」唯一です。 RI会長がRI理事会の承認を得て、15名の管理委員を任命します。前業務は、管理委員会によって処理されます。 RIの事務総長がロータリー財団の事務総長となります。 国際ロータリーとロータリー財団は一体です。
ロータリー財団の使命

ロータリー財団の使命は、ロータリアンが人々の健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすることです。

ロータリー財団の標語

『世界でよいことをしよう(Doing goog in the world)』

奉仕活動と資金調達は車の両輪
  • 人類は一つです。世界中の貧困や飢餓が減少し、社会が向上し、世界が平和にならない限り、私たちの真の平和はありえません。
  • 私たちのロータリー財団が地域社会や国際社会への奉仕をさらに強化増大していくためには、奉仕活動の充実と資金面の援助が大変重要になります。

ロータリー財団への寄付

ロータリー財団は非営利団体で、ロータリアンをはじめ、より良い世界を築こうというビジョンを共有する財団支援者の方々からの自発的な寄付のみによって支えられています。
Every Rotarian,Every Year(EREY)という合言葉「毎年すべてのロータリアンが年次基金へ寄付をすることでロータリー財団の活動に参加しましょう!」・・・という寄付による参加を呼びかけるメッセージの下、年次基金への寄付は、7大陸にある160以上の国や地域で行われている財団プログラムの主要な資金源となっています。アフリカの農村に井戸を掘ることから、ラテンアメリカの子供たちに読み書きを教えることまで、世界中のロータリアンは、自らの時間と専門知識を捧げて懸命にボランティア活動にあたっています。年次基金への寄付はすべて、質の高いロータリアンのプロジェクトの支援に有効に活用されています。
Every Rotarian,Every Year(EREY)を通じて毎年100ドルを寄付した人は、自動的に「財団の友」会員となります。1,000ドル以上を寄付した人は、ポール・ハリス・フェロー(財団表彰)となります。

1.年次基金(税制上の優遇措置を受けられます)
年次基金は、寄付の基盤であり、この寄付は使い道を指定することなく、ロータリー財団に寄付するもので、3年後に全額使われます。年次基金は、シェアシステムに基づき50%が国際財団活動資金(WF)、ただし財団運営費が必要な場合(十分な投資収益がない場合)のみWFから5%充てられます。そして財団の管理の下に、あと、50%が地区財団活動資金(DDF)として、地区の裁量の下に使用されます。

2.恒久基金(税制上の優遇措置を受けられます)
最低限度のプログラム活動を継続し、将来の新プログラムまたはプログラムの拡張を用意にするために、寄付金は使用せず基金として積み立てておくものです。収益のみが3年後に使用されます。恒久基金に少なくとも米貨1,000ドルを寄付した人はベネファクターの承認を受けます。

3.ポリオプラス基金・その他指定プロジェクト基金
あらかじめ使い道を決めて金額を問わず、財団プログラムを指定して寄付するものです。(地区のシェアシステムの対象とならない)ポリオプラスがその代表的例です。

ロータリー財団のプログラム

財団への寄付金を資金とするプログラムは次の4つとなっています。
地区補助金、グローバル補助金、ポリオプラス、ロータリー平和センター

地区補助金

ロータリー財団の使命に関連があり、使命を守るものであること。ロータリーにふさわしいものであれば、地区活動資金(DDF)の50%以内で国内、海外プロジェクトの種類に成約がなく資金として使える。18ヶ月以内に完了するプロジェクトまたは活動であることが望ましい。

グローバル補助金

2ヶ国以上のクラブや地区が6つの重点分野に関するプロジェクト(人道的奉仕、職業研修チーム(VTT)や奨学金)を協同提唱し、立案、実施する国際プロジェクトに授与される。これらは実施地の地域社会が主導し、その成果が持続可能、測定可能なものでなければならない。 国際財団活動資金(WF)はDDFに対して同額、現金に対してその50%交付される。ただし、補助金の範囲は1万5,000~20万米ドルに適応され、10万米ドル以上は管理委員会の承認が必要となる。
【6つの重点目標】

  1. 平和構築と紛争予防
  2. 疾病予防と治療
  3. 水と衛生
  4. 母子の健康
  5. 基本的教育と識字率向上
  6. 地域社会の経済発展

ポリオプラス(ポリオ撲滅はロータリーの最優先課題)
ポリオ(急性灰白髄炎)は非常に感染性の高い病気であり、特に感染しやすいのは5歳未満の子どもである。 ロータリーでは、ポリオの撲滅は、1979年フィリピンでの予防接種に始まり長年にわたってロータリー会員が力を注いでいる活動で、1985年には125ヶ国に35万人以上の感染者が確認されていたが、ポリオプラス・プログラムを開始し、1988年世界ポリオ撲滅推進活動(GPEI)のパートナー組織とともに、私たちは122ヶ国、世界25億人以上の子どもにポリオ予防接種を行ってきた。 ロータリーはポリオ撲滅を組織の最優先項目とし、感染者数は99.9%減少した。 しかし、再流行が起きた場合、今後、10年間に、毎年20万人以上の子どもがポリオによる身体まひの犠牲になると推定されている。 1979年依頼ロータリーが投入した資金は16億ドルを超えた(2016年6月末)。
今後、ポリオ撲滅に必要な15億ドルの資金を確保することが課題とされている。 ロータリーは2017年アトランタ国際大会で3年間1億5千万ドル、ビル&メリンダ・ゲイツ財団とのマッチングと合わせて4億5千万ドルとなる約束をした。

ロータリー平和センター
世界平和と紛争予防の担い手となる人材を育て、平和推進者の世界的ネットワークを築いている。 毎年、世界中から選ばれる最高100人のフェローが、ロータリー平和センター提携大学(世界に7大学がある)で学ぶ。 フェローシップには、授業料、入学金の全額、滞在費(宿舎・食費)往復航空券、インターンシップと実施体験の費用が含まれている。
国際関係、平和研究、紛争解決や関連分野での修士号取得、または専門能力開発修了証取得のあめにロータリー平和センターで学ぶ、修了証取得コースの機関は3ヶ月である。

ロータリー財団への寄付と認証

●寄付

種類 年次基金受付 ポリオプラス基金・その他 恒久基金寄付金
概要 毎年つづけるということで、財団プログラムを存続させるための資金減で3年後のプログラムに使われる。 あらかじめ使い道を決めて寄付するもの。ポリオプラス、ポリオ・プラス・パートナー、ロータリー平和センター、グローバル補助金の提唱者側の寄付等。 最低限度のプログラム活動の継続や、将来の新プログラム拡張に使われる投資収益のみ使う。

●個人に対する認証

寄付

認証

年次基金寄付 ポリオプラス基金・その他 恒久基金寄付 遺贈友の会
財団の友 毎年100ドル以上(現金)      
ポール・ハリス・ソサエティ 毎年1,000ドル以上(現金)    
ポール・ハリス・フェロー(PHF)

累計1,000ドル以上

(現金+認証ポイント)

   
マルチプル・ポール・ハリス・フェロー(MPHF)

累計2,000ドル以上~9,000ドル以上迄

(1,000ドル毎に8段階)

   
ベネファクター(Benefactor)    

1,000ドル

(現金)

 

大口寄付者

(メジャー・ドナー)

(MD)

累計10,000ドル以上(現金)

(レベル1~7迄)

 
アーチ・クランプ・ソサエティ(AKS)

累計250,000ドル以上(現金)

(管理委員会サークル・管理委員長サークル・財団サークルの3つのレベル)

 

大口寄付者

(遺贈の寄付)

     

遺贈10,000ドル以上

(レベル1から7迄)

ロータリー財団

レガシーソサエティ

2019年7月1日より、ロータリー財団レガシーソサエティが設立された。

このソサエティは、ロータリーの恒久基金に対し、合計で100万ドルの成約を行った個人またはご夫妻が対象となる。

管理委員会決定(2018年10月)

(注)認証品(襟ピン、ペンダント、認証状等)は割愛します。

●クラブに対する認証

認証 概要

100%財団の友クラブ

(100%RFSM Club)

クラブ会員が全員が基金寄付を100ドル以上寄付したクラブ。(集計は6月末)

100%ポール・ハリス・フェロー・クラブ

(100% Paul Harris Fellow Club)

クラブ全員がポール・ハリス・フェローになっているクラブ。(日本事務局財団室へ申請要)

EREYクラブ

(Every Rotarian Every Year Club)

クラブ寄付が1人当たり100ドル以上で、正会員全員が何ら化の年次基金寄付をしたクラブ。(集計は6月末)
年次基金の1人当たりの寄付上位3クラブ

各地区内で、1人当たりの寄付額が上位3位に入ったクラブに贈られます。

ただし、年次基金寄付が1人当たり平均50ドル以上。

●地区に対する認証

認証 概要

恒久基金への寄付

・ベネファクターの数を報告したり、地区の傑出した活動が認められて場合、財団管理委員長からガバナーに感謝状が贈られる。

・25,000ドル未満の恒久基金寄付の収益は地区レベルでシェアシステムの対象となる。

免税措置について

公益財団法人ロータリー財団への個人と法人からの寄付は、公益目的事業を支援するために支出された「特定公益増進法人」への寄付金として取り扱われ、税制上の優遇措置の対象となります。個人の寄付に対する優遇措置は「所得控除」または「税額控除」のいずれかを選択することができます。

例会案内

〒885-0077
宮崎県都城市松元町3街区20号
TEL:0986-23-3666
時間:12時30分~13時30分
例会日:第1・3・5 木曜日
ビジター費:1,500円

事務局案内

〒885-0072
宮崎県都城市上町5街区9号2階
TEL:0986-21-5555
FAX:0986-21-5566
時間:受付時間 月曜~金曜 10:00〜15:00
定休日:土日祝